世界自閉症啓発デー

世界自閉症啓発デー

世界自閉症啓発デーとは

平成19年12月18日の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、世界各地において自閉症に関する啓発の取り組みが行われています。
これに対応し、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発活動に取り組んでいます。 シンポジウム、ポスター・パンフレットの配布、ホームページを通じた啓発等の活動は、多くの皆様に自閉症について理解していただくことを目的としています。

今後、一人ひとりの理解が深まり、自閉症の人々にとっても暮らしやすい社会となることを、私たちは願っています

発達障害啓発週間とは

関係団体とともに、4月2日の世界自閉症啓発デーの制定の機に、4月2日からの一週間(4 月2 日~8 日)を、国内における「発達障害啓発週間」とし、発達障害について、広く国民の皆さまに知っていただくことにより、発達障害のある人とその家族への理解と支援の輪が広がるよう、
「発達障害の支援を考える議員連盟(超党派による国会議員が加盟)」や国及び地方公共団体とも連携し、全国各地の発達障害のある人やその家族や支援者の皆様に呼びかけ、各種のイベント等を展開します。

日本自閉症協会の取り組み

日本自閉症協会は厚生労働省および関係団体と協力して「世界自閉症啓発デー・実行委員会」を組織して、「自閉スペクトラム症」について広くご理解をいただくよう取り組みます。
また、4月2日~8日を発達障害啓発週間とし、「自閉スペクトラム症」だけではなく、「発達障害」と合わせてご理解をいただくよう取り組みを進めていきます。
当協会は「世界自閉症啓発デー・実行委員会」に加えて全国各地の自閉症協会とも力を合わせ、各地においてさまざまな取り組みを展開いたします。

加盟団体の取り組み

世界自閉症啓発デーの日には、加盟団体である全国各地の自閉症協会で、地区町村や発達障害者支援センター、民間企業等と協力しながら、様々な理解啓発活動を行っています。

全国の自閉症協会の取り組み