[リストへもどる]
新着記事

タイトル講演会「障がいのある子とともに生きる」
記事No3649   [関連記事]
投稿日: 2019/07/19(Fri) 09:08
投稿者まあみ
参照先http://www.city.narashino.lg.jp/event/koenkoza/r1kokaikoza.html
講師 神戸 金史さん
   RKB毎日放送報道局次長 兼 東京報道制作部長

日時 令和元年8月8日(木) 13時30分〜16時(開場13時)
開場 習志野市民会館
定員 350名 申込み不要

ご長男が自閉症の診断を受けた当時から、父として記者として自閉症を世に知らせたいという思いを持って、報道の仕事をされてきました
自閉症のこと、家族の様子、ゆっくりだけど確実に成長する子どもたちの様子など、たくさんの映像を交えて、ご講演いただきます。

タイトル遺伝病の治し方
記事No3648   [関連記事]
投稿日: 2019/07/07(Sun) 15:30
投稿者岡 祐貴   <yuukioka2263@gmail.com>
受精卵ではなく、代理母のミトコンドリアを引き継ぐので
筋ジスなどは健康な他人に産んでもらえれば
遺伝しなくなる。

タイトルRe^2: 交流サロンのようなところ
記事No3647   [関連記事]
投稿日: 2019/06/26(Wed) 16:57
投稿者リンデン
> 交流サロンのような集まるところ、あまりないのですかね?期間も、まちまちなのか

都内には…いくつかあるみたいです!

タイトルRe^4: 自閉症はスマホのせい
記事No3646   [関連記事]
投稿日: 2019/06/25(Tue) 21:27
投稿者上宮太子
レオ・カナーの本でも読んだのかな。時代錯誤の冷蔵庫マザー説の焼き直しだ。精神医学は一般人にはいまだ神秘性が強いのだろう。啓蒙がこれからまだまだ必要だ。

タイトルRe^3: 自閉症はスマホのせい
記事No3645   [関連記事]
投稿日: 2019/06/22(Sat) 22:02
投稿者モカ
> そして、世の中にはまだ、自閉症のこと、他の人の障害のことなどに
> ついて理解できない方が沢山おられます。国連は世界自閉症啓発デーを
> 定めて、世界中で自閉症の理解啓発の取り組みがされています。

令和という時代になって、このような記事が
ネットに掲載されることが信じられませんでした。
しかし、多くの人がこの記事に対してSNSなどを通じて苦言を述べています。
理解者は少なくないと感じます。

タイトルRe^2: 自閉症はスマホのせい
記事No3644   [関連記事]
投稿日: 2019/06/22(Sat) 12:12
投稿者サラダ
モカ様

私の子どもは、テレビには全く興味を示しませんでした。
いないないばーにも興味を示しませんでした。
子どもと関われることを探して一生懸命に育ててきました。
この方の説は、私の子どもには全く当てはまりません。

生まれつき、人はみな違っています。好きな事、得意な事、できるこ
と、できない事・・・。学校の成績も随分違っています。運動能力も、
音楽や絵を描くなどの芸術的なことも。友達と遊ぶのが好きな人も、一
人で遊ぶのが好きな人も。よくしゃべる人、比較的穏やかな人。みんな
違っているから、いろいろな人がいるからこそ、世の中は発展してきま
した。自閉症などの発達障害もそのような違いです。


身体的な障害については、見てわかりやすいのですが、発達障害、知的
障害などはわかりにくいですね。

そして、世の中にはまだ、自閉症のこと、他の人の障害のことなどに
ついて理解できない方が沢山おられます。国連は世界自閉症啓発デーを
定めて、世界中で自閉症の理解啓発の取り組みがされています。

タイトルRe: 自閉症はスマホのせい
記事No3643   [関連記事]
投稿日: 2019/06/22(Sat) 09:46
投稿者モカ
1週間ほど掲載される予定の記事でしたが、削除されたようです。

■親のスマホいじりで子どもが言葉遅れに! 子どもの自閉症は『育て直し』で治せる(週刊女性PRIME)■
というタイトルで、Kという医師の見解でした。

以下の「」内はネット上のニュースに書かれた医師の言葉の一部です。

「幼児、特に生後半年から1歳までの子どもには全員、母親への生まれながらの愛着が備わっています。

コミュニケーション能力は、母親がこの時期に子どもに応答することで生まれます。

ところが、家の中ではテレビはつけっぱなしの見せっぱなし。
お母さんはスマホばかり眺めている。
これではコミュニケーションをとりたくてもとれず、言葉が遅れ
る。

私は育児をテレビやビデオ任せにする家庭環境こそが、子どもを自閉症にしていると見ています」

タイトル自閉症はスマホのせい
記事No3642   [関連記事]
投稿日: 2019/06/21(Fri) 23:33
投稿者モカ
参照先http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00015408-jprime-soci
いまどきこんな記事が出るとは思いませんでした。

タイトルRe: 交流サロンのようなところ
記事No3641   [関連記事]
投稿日: 2019/06/16(Sun) 14:57
投稿者ポメラニアン
交流サロンのような集まるところ、あまりないのですかね?期間も、まちまちなのか?

タイトル7/6 中谷正恵さんセミナー/岡山
記事No3639   [関連記事]
投稿日: 2019/06/11(Tue) 09:54
投稿者トチタロ
参照先http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/20190706.pdf
みなさま、いつもお世話になっています。
7月のセミナーのご案内です。

社会性やコミュニケーションに弱さをもつもつ自閉症児たち、特に言語性コミュニケーションを苦手とする子どもたちが、自分からニーズを伝えられるようにと考案された方法の一つがPECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)です。
すでに家庭や療育現場で取り入れられている方も多いと思います。

その考案者の一人、アンディ・ボンディさんから「世界で最も有効にPECSを使いこなしているお嬢さん」と絶賛された中谷さんと娘の“あきちゃん”です。
暮らしの中にPECSを取り入れることで、こんなにも豊かな人生を送ることができるようになる、ということ知っていただきたくて今回のセミナーを企画いたしました。
全国からたくさんのみなさんのご参加をお待ちしています。

『 第102回(令和元年度 第2回) 育てる会 自閉症啓発セミナー』

  日 時:令和元年7月6日(土) 10:00〜16:00
  場 所:岡山県生涯学習センター 大研修室(岡山市北区伊島町3-1-1)

  テーマ:『暮らしの中でのPECS実践
         〜自閉症児・者が自分で生活スタイルを選ぶために〜』
  講 師:中谷 正恵 氏(親:自閉症スペクトラム支援士、童夢 代表取締役)

  主 催:特定非営利活動法人 岡山県自閉症児を育てる会
  参加費:一般 3000円、学生 1000円
  申込・問合せ:Tel.086-955-6758、Fax.086-955-6748

タイトルRe^2: 姉に疲れました。
記事No3638   [関連記事]
投稿日: 2019/05/29(Wed) 01:05
投稿者さや   <姉に疲れました。>
コロンブスさん

ありがとうございます。
コロンブスさんのレス、大変勉強になりました。
怒りのコントロールを身につける方法というのは思いつきませんでした。
姉は大人の発達障害を診てくれる病院にも通っているので、もしかしたらアドバイスを受けているかもしれませんが、私もそういった情報を探してまた何か言ってきたときには情報を提案してみたいと思います。
この障害がわかる弁護士さんを探しておくというのも思い付きませんでした。
不安が募る日々ですが、あきらめず情報を集めておきたいと思います。
貴重なアドバイスをいただき、本当にありがとうございます。

タイトルRe^2: 自閉症とてんかんと水中毒と睡眠障害
記事No3635   [関連記事]
投稿日: 2019/05/10(Fri) 15:48
投稿者シマリス   <chamomile4869@yahoo.co.jp>
教えて下さりありがとうございます。
読んでみようと思います。

タイトルRe: でんでん虫々ブログ
記事No3634   [関連記事]
投稿日: 2019/05/08(Wed) 12:53
投稿者SS   <s-shiraishi@mub.biglobe.ne.jp>
久しぶりにブログを覗かせて頂きました。
以前は、自閉症の特徴を笑いで書いていて、ほのぼのしていたのですが。
自閉症のことが理解されていないのが大変ですね。


> 一年ぶりのご挨拶。ブログやってますと言えない(汗)まあ…我が家色々ありましてと言い訳します。私は、自分の時間がほとんど取れなく、モンモン状態。軽い鬱ってところですか?大丈夫、子供の主治医の先生から、ベンザリン処方していただいて本当に助かってます。私は、その点幸せです。自閉の子・親を一緒に見ていただいて下さる先生にとても感謝してます。どちらにしても、親は倒れないが原則?本当に疲れてますけど…歳だしメンタルに弱い私。困り者です。
> 1年ぶり更新します。ボチボチと無理をしないをモットウに。なんとか時間を作って、体力?勝負?ネタ…尽きてません!描こうと思ったらあるのですわ。
> とにかく、更新しました。止めないので、自閉君の日常描き続けます。あまりおもしろくないかも知れないけど…お許し下さい。よろしくお願いいたします。

タイトルRe: でんでん虫々ブログ
記事No3633   [関連記事]
投稿日: 2019/05/08(Wed) 12:39
投稿者SS
> 一年ぶりのご挨拶。ブログやってますと言えない(汗)まあ…我が家色々ありましてと言い訳します。私は、自分の時間がほとんど取れなく、モンモン状態。軽い鬱ってところですか?大丈夫、子供の主治医の先生から、ベンザリン処方していただいて本当に助かってます。私は、その点幸せです。自閉の子・親を一緒に見ていただいて下さる先生にとても感謝してます。どちらにしても、親は倒れないが原則?本当に疲れてますけど…歳だしメンタルに弱い私。困り者です。
> 1年ぶり更新します。ボチボチと無理をしないをモットウに。なんとか時間を作って、体力?勝負?ネタ…尽きてません!描こうと思ったらあるのですわ。
> とにかく、更新しました。止めないので、自閉君の日常描き続けます。あまりおもしろくないかも知れないけど…お許し下さい。よろしくお願いいたします。

タイトルでんでん虫々ブログ
記事No3632   [関連記事]
投稿日: 2019/05/05(Sun) 22:37
投稿者でんでん虫々のお母さん   <miyoco.ito@gmail.com>
参照先http://dendenmusimusi.blogspot.com/
一年ぶりのご挨拶。ブログやってますと言えない(汗)まあ…我が家色々ありましてと言い訳します。私は、自分の時間がほとんど取れなく、モンモン状態。軽い鬱ってところですか?大丈夫、子供の主治医の先生から、ベンザリン処方していただいて本当に助かってます。私は、その点幸せです。自閉の子・親を一緒に見ていただいて下さる先生にとても感謝してます。どちらにしても、親は倒れないが原則?本当に疲れてますけど…歳だしメンタルに弱い私。困り者です。
1年ぶり更新します。ボチボチと無理をしないをモットウに。なんとか時間を作って、体力?勝負?ネタ…尽きてません!描こうと思ったらあるのですわ。
とにかく、更新しました。止めないので、自閉君の日常描き続けます。あまりおもしろくないかも知れないけど…お許し下さい。よろしくお願いいたします。