[リストへもどる]
一括表示
タイトル弟に発達障害の可能性
記事No3759
投稿日: 2020/02/25(Tue) 14:57
投稿者あまん
はじめまして。35差女性、メーカー勤務です。
32歳の弟についてご相談させてください。

私は電機メーカーの管理部門に従事しており、
最近、新しく配属された発達障害の後輩にお仕事を教えています。
この後輩は、特性をざっくりとしか開示せずにいるので
どういった点に注意して仕事を教えるか、試行錯誤悩みながら接しております。

弟は就職してから主に人間関係が原因で
2・3年ごとの転職を繰り返しています。
職場の先輩や上司が自分にだけ辛くあたることが多いとのことでした。
最近までは、弟の話を信じ、単純に人間関係の運が悪いと思っていました。

しかし、発達障害の後輩と接しているうちに弟と特性が全く一緒だと気が付きました。
発達障害の後輩へ日々丁寧に対応することは非常に骨の折れる仕事です。
弟の上司や後輩は、前提として健常者の認識で採用し、教育していると思うと、だんだんとつらく当たってしまう気持ちもわからなくもありません。

弟自身も生きづらさを強く感じているようです。

私としては(勝手な意見ではありますが)
認定してもらい、障害者雇用で適性の合った職場を探したらどうかと考えています。
しかしこのことを弟本人にどう伝えるべきか。
そもそも伝えないべきか、悩んでおります。

つたない文章で恐縮ですが、似たような体験をお持ちの方、お教えいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

タイトルRe: 弟に発達障害の可能性
記事No3760
投稿日: 2020/02/27(Thu) 10:03
投稿者もと大学生
はじめまして。
(私のHNは、以前大学在学中の息子さんの相談について
お答えしたときのものですので、単に卒業しただけのことを表しています)


弟さんにどのような障害特性があるのかはわかりませんが、
32歳という年齢になってしまうと、
判定医が見つかりにくい、診断をとるのが難しいということがあります。
障害者雇用の枠で就労を求めるなら、障害者手帳が必須になるので
診断は必要です。


障害者雇用も、普通学級を卒業した(大学まで行った人も)高機能と呼ばれる人たちのほうが
それなりの収入を求めること、人間関係に敏感であるなどの理由で
就労や継続が難しいという側面があります。


しかしここ数年は「発達障害」という言葉もメジャーになり
40過ぎてから生きづらさを感じ、
自分から診断を求めたら、アスペルガーであったという結果が出た人もいます。


そのかたは転職しましたが、ご自分のトリセツ(取り扱い説明書)を
新しい職場に提出し、
指示の出し方や休憩の過ごし方について配慮してもらって仕事を続けているそうです。


ご本人自身の言葉で印象的だったのは
「根性論を掲げないでくれ」というものでした。
漠然とした「頑張れ」「やればできる」は、意味のない励ましだと。


こうしたことを踏まえて、
まず弟さんがどのような生きづらさを感じているのか
仕事が合っていないのか、人間関係がつらいのか
その両方なのか、その他にあるのかを調べることが必要です。


ご本人が、これからの自分を守るために
診断を受けることに前向きになってくれるといいのですが。
嫌がるようなら、ご本人からいろいろ話を引き出し
何が問題そうなのか、書きだしてみてください。
のちのち精神科に行く際のデータになります。


精神科医もピンキリで、パソコンに症状を打ち込むだけで、
対応策の指導のない医師もいます。
個人的な経験では、診断だけなら大学病院がいちばんシビアでした。
だから逆にその後の対応策を練る姿勢を整える気にもなります。


弟さんの意思と医師探しがいちばんネックになりそうな気がします。
たまたま社会をいう単位で要求されることが
自分にとって苦手分野というだけなんですけどね。


医者の情報は口コミのほうが信用できます。
基本的にネット情報は話半分以下でとどめておいてください。
私のこの書き込みも含めてです。

率直に言って、この掲示板には危うい情報が多いですよ。

タイトルRe^2: 弟に発達障害の可能性
記事No3769
投稿日: 2020/03/16(Mon) 13:50
投稿者あまん
もと大学生さま

非常にわかりやすいご返信をありがとうございます。

障がい者雇用についての難しさは側面的かもしれませんが
体感として少しわかります。

私の職場は法定雇用障害者数の達成を目指して
採用を続けておりますが、既存社員や業務との折り合いが良くなく
短期退職に至るケースが少なくありません。

既存社員、新規障がい者雇用者、お互いのためにも
例に挙げてくださった方のように、
まずは自分のトリセツを自身で把握しようとすることが
大きな一歩と思います。


診断についても多岐にわたりご教示いただき感謝いたします。
とても勉強になりました。
ありがとうございます。

タイトルRe^3: 弟に発達障害の可能性
記事No3772
投稿日: 2020/03/19(Thu) 13:52
投稿者もと大学生
参考になればと思い書かせていただきましたが、
「発達障害あり」を前提で話を進めてしまい、
申し訳ありません。

必ずしも弟さんがそうであるとは限らないということも
ご留意いただければと思います。

同じスレッドのちょこさん、すいかさんも
よいご意見を書き込んでくださっています。


この掲示板がこのようにまわっていくとうれしいのですが。

タイトルRe: 弟に発達障害の可能性
記事No3761
投稿日: 2020/02/27(Thu) 11:06
投稿者ちょこ
自閉症、ADHD、学習障害。発達障害とひとくくりにしてもその濃淡や重なり具合で関わり方は千差万別なので、試行錯誤ながらも支援を続けていただけることに、自閉症者の親の一人としてお礼申し上げます。

弟さんについてですが、発達障害専用の障害者手帳というのはありません。精神障害の区分に組み込まれています(後輩さんも精神障害者保健福祉手帳を取得しての障害者雇用ではありませんか?)

手帳の申請には初診から六ヶ月の継続した受診を経た後となりますが、その手続きや細かい定義などは各自治体によって差があるのも事実です。

各都道府県に一ヶ所は設置されている「発達障害者支援センター」へ連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
手帳申請の窓口は市町村の障害福祉課ですが、病院の紹介をしていないのです。

センターを敷居が高く感じるなら、社会福祉法人、NPOなどが設けている「障がい者相談支援センター」を利用する、という方法もあります。
この窓口が一番地元に密着した情報を保っていると思いますし、通院の同行などしてくれたりします。

並行して弟さんに、発達障害に理解のある精神科の受診を勧めてみることを考えてみてもいいかと。

タイトルRe^2: 弟に発達障害の可能性
記事No3767
投稿日: 2020/03/13(Fri) 11:54
投稿者すいか
乳幼児期や修学前健診時の診断であれば、知的障害の括りで自治体によって「愛の手帳」や「療育手帳」です
思春期辺りで周囲とのストレスから受診して診断が下った場合は、精神保健福祉手帳ですね