掲示板
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 自閉症の方と一緒に過ごして思ったこと
投稿日: 2020/05/25(Mon) 10:59
投稿者サラダ

野獣先輩様

普通のクラスに通っていて、本人が困ることは学力だけではありません。

特別支援学級には2種類あり、学力に遅れがない方で配慮が必要な方
用のクラスと、学力に遅れがあるので、その子に合わせてわかりやす
く教えてくれるクラスの2つです。

何でも、みんなに合わせなければいけないというのは大変です。
野獣先輩さんは、どんなことでもみんなに合わせて行動していますか、
他の方が嫌がること、傷つくことを言いませんか。

人には、学力以外にもいろいろな違いがあり、みんなと一緒ではう
まく行かず、トラブルになってしまい、勉強に力が入らなくなって
しまうこともあります。最近は、このようなことにも配慮して、学
校が運営されています。

>特殊学級や特殊学校へ送られる
 この言葉は、差別用語です。他の人を差別するようなことを言う
 方は、自分が上にいるような気持ちになるかもしれませんが、
 多くの人は、そのような人を立派な人だとは思いません。
 
 現在は、特殊学級という言葉もありません。特別支援学級、特別
 支援学校です。

 人はみんな違います。だから、普通のクラスにいても、一緒に学ん
 でも成績はバラバラです。みんなと同じように教えるクラスでは、
 物足りない人もいますし、もう少し丁寧に教えてくれればわかる
 のにという子どももいます。

 一人一人に配慮して教えてくれれば、どの子どももさらに伸びる
 かもしれませんが、残念ながらそれでは先生が沢山必要になり対
 応できません。

 でも、一人一人に応じた支援をすることで、その子どもさんが成
 長し、自立する力を高めることができるのであれば、それは大き
 な意味があります。だから、子どもの持っている可能性を引き出
 し成長させるために支援を行うように、特別支援学級や特別支援
 学校が作られました。

 


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード