掲示板
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル自閉症
投稿日: 2018/10/20(Sat) 00:11
投稿者通りすがり
参照先http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1989

日本でもバクシドが公開されます】
朗報です。ついに映画の公開が決定しました。ワクチンと自閉症の関係が暴かれるのを恐れた日本では、2016年に公開されることなく今に至ります。今の所東京、名古屋で上映決定ですが、お近くの方ぜひ見に行かれてはと思います。代表山本のブログ記事の後には過去記事もリンクを貼りますので、未読の方はどうぞお読みください(事務局)
__________________________

【日本でもバクシドが公開されます】
日本の医薬産業界がずっと避けたがっていた、ワクチンに関するドキュメンタリー「バクシド」が、いよいよ日本でも公開されるようです。以下、映画関係サイトからの紹介。詳しくは↓米国政府機関によるMMRワクチン研究の不正に迫るドキュメンタリー映画『MMRワクチン告発』(原題:バクシド)が11月17日(土)より全国順次公開となる。
トライベッカ映画祭2016でオフィシャルセレクション作品に選ばれていたにも関わらず、映画祭スポンサーからの圧力により上映が突然取り下げられた本作。この出来事は世界中で取り上げられ、ニュースとなった。2週間後の2016年4月13日、本映画祭創設者の一人、ロバート・デ・ニーロはTV番組「」に出演し、上映差し止めについて以下のように述べた。「この映画は皆が観るべき作品です。反対の声が上がりましたが、米国疾病対策センター()や製薬会社が何をしているのか、これまで知らされてこなかった多くの情報が得られます。自閉症の子供を持つ親として、関心があります。真実を知りたいんです。私は反ワクチン主義者ではありません。安全なワクチンが欲しいだけです。この映画を排除するべきではありません。医学者達は観てから判断すればいいんです。しかし、誰も観て知ろうとはしません。排除しようとするのです。」トライベッカ映画祭による上映差し止め、その後のマスコミ、劇場、スポンサー企業等からの批判や他の映画祭からも上映を取り下げられるなどの反動があったにも関わらず、配給会社はトライベッカ映画祭での上映取り下げ後、わずか4日半で劇場公開を準備し、2016年4月1日にニューヨークのアンジェリカ・フィルム・センターでの公開を実現。そして北米での劇場公開は49州に及び興行成績は約120万ドル(約1.3億円)を記録する大ヒットとなった。
 この映画ほど、ワクチンは科学でも医学でもなく、政治とカネであることを示すものはありません。なお、この作品は新作ではなく、2016年初めの公開され、世界中でバクシド現象ともいうべき反響を引き起こしました。その波はまだ収まっていませんが、日本での公開がこれほど遅れた理由は、このドキュメンタリーのテーマが「ワクチンと自閉症」だからです。
 日本では自閉症は「遺伝病」であり、その原因に「環境」を持ち込むことはタブーです。現在、子どもたちを取り巻く環境は日々悪化しており、自閉症の原因もワクチンの他、農薬や化学物質、電磁波(特にワイ杯、子どもの携帯はダメですよ〜)などがあげられています。中でも直接、体内注入されるワクチンの危険性は群を抜いていますが、日本では、ワクチンを疑うと学者は研究生命を絶たれるし、患者(家族)は支援を受けられなくなる可能性があり、その結果、加害者・被害者ともおとなしく沈黙を守っている状況。それ以前に、ワクチンに対してあまりにも無知、そして「ワクチンが効く」と信じて疑わない人々が多すぎるのが問題でしょう。この映画は、そんな無邪気な信頼を打ち砕く「現実」を突き付けていて秀逸です。でも「バクシド、隠蔽から壊滅へ」の原題が示すように、決してやさしくはないので、前もって本ブログの関連記事を読んでおくことをお勧めします。2018.1013


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード