掲示板
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: チャレンジ雇用について
投稿日: 2018/03/14(Wed) 23:27
投稿者保護者

> 特別支援学校を卒業した息子が、チャレンジ雇用で県の臨時職員として働くことになりました。
> 就職できたことは、大変うれしいことで親子共々喜んでいるのですが、最長3年間の期限付きで、その後一般就労を目指すそうです。
> そこで、お伺いしたいのですが、チャレンジ雇用後、スムーズに就職できるものでしょうか?ご存知の方がいれば教えてください。


スムーズに就職できるかどうかは
本人の姿勢や家族の支援もありますが
雇用した県の仕込みかた次第という部分もあると思います。


数年前、当方が住んでいる県で
知的障害者の雇用募集があったので説明会に参加したのですが、
退職校長の集まる閑職の補助で
かび臭い資料の整理という仕事でした。

(あとから聞いた話では、知的障害者の能力などまったくあてにしておらず
おじいちゃんたちにいい子いい子されてるだけの仕事(?)だったとか)


しかも通勤は車でないと(実際マイカー通勤者ばかり)
交通は不便だし、夜は街路灯もない物騒なところに建ってるのが勤務先。
Y字になった道の反対側に進んだ先には民間企業の工場がありましたが、
そちらは街路灯がばっちり整備されていました。
しかもマイクロバス通勤。

馬鹿にしてるなーと思って、やめました。


まあ、これは悪い場合の一例ですので、
県の意識によって、きちんとしてるところもあると思います。


ただ、個人的な感想としては
当方の地域に限って言えば、公的機関の就労支援は旧態依然のところが多いと思っています。


民間というかNPOなどは
知的障害であろうとPC操作や英語検定、漢字検定
服装や挨拶、テーブルマナー、
履歴書の書き方まで教えてる機関がありますから。


斡旋する仕事も清掃から事務職まで幅広いです。
ジョブコーチがついて指導してくれます。
10年以上、企業勤めしている人も珍しくありません。


高機能の人は雑談に応じることもあるでしょうけれど、
中程度のわが子に求められるのは、
仕事の指示をしっかり聞いて適格にこなすことです。


ホワイトボードに書き出したり、
最近ではタブレットを個々に持たせて、
視覚で指示を理解させようとしている企業もあります。
話すことより、相手の話を理解することに重点を置いたほうがいいと思います。


自閉さんは一方的におしゃべりしがちで、
「受信」は苦手という子が多いですから。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード