掲示板
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 地獄の沙汰も金次第
投稿日: 2017/03/21(Tue) 08:57
投稿者おくされがみ

> 義務教育や大学では特別支援教育が進んできていますが、高校はまだ道半ばな感があります。
> 国や都道府県、市町村で行なっている、発達障害者や知的障害者の高校生に対する支援の施策や事業を教えてください。
> 特別支援学校ではなく普通の高校に通う障害ある生徒の為の支援が知りたいんですが。
> 例えば、高校でも特別支援教育支援員をつけて普通の高校で勉強する生徒さんもいるそうで、それは国の事業でそういう制度があると聞きました。
> そういった具体的な事業などを教えていただきたいんです。
> よろしくお願いします。

学研の月刊障害児教育や自治体が出す資料を読んだ方が確実ですよ。お金はかかるけど。

あと、公立での支援はあんまりアテにしない方が精神衛生によろしいです。難関校も、定時制も公立はカネがない家庭の、学校の方針について行く才能ある子、ついて行くために泣いても歯を食いしばってもしがみつく子のための場所。

支援が欲しかったら通信サポートあるでしょ?こっちではそんなもんですよ。一年生終了時点で退学三割とか卒業年次に一クラス分が吹っ飛んでる、そんなのから、ちっといい成績取ると国立行けだの目指せ東大だのとおケツ叩かれて真っ青な顔で、歩きながら赤本にらめっこしてる子の姿見てきて、公立学校の姿勢は、自業自得と自己責任、悪因悪果因果応報、たとえそれが本人に責任のない障害のたわけゆえであっても、勉強だけはできるバカにもついていけなきゃ辞めちまえを突きつける場所なんだと思い知りました。

因みにわたしはそれが気に入ってましたけどね。お金がないせいもなかったけど、高校生やりたきゃ自分のしたことは自分で責任取れ、ソシャルスキル位親が図書館や本屋に行け、障害を自覚して自助組織や相談事業につながれという一人前扱いしてくれる場所が公立学校でしたから。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード