[リストへもどる]
新着記事

タイトル自閉症
記事No3512   [関連記事]
投稿日: 2018/10/20(Sat) 00:11
投稿者通りすがり
参照先http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1989
日本でもバクシドが公開されます】
朗報です。ついに映画の公開が決定しました。ワクチンと自閉症の関係が暴かれるのを恐れた日本では、2016年に公開されることなく今に至ります。今の所東京、名古屋で上映決定ですが、お近くの方ぜひ見に行かれてはと思います。代表山本のブログ記事の後には過去記事もリンクを貼りますので、未読の方はどうぞお読みください(事務局)
__________________________

【日本でもバクシドが公開されます】
日本の医薬産業界がずっと避けたがっていた、ワクチンに関するドキュメンタリー「バクシド」が、いよいよ日本でも公開されるようです。以下、映画関係サイトからの紹介。詳しくは↓米国政府機関によるMMRワクチン研究の不正に迫るドキュメンタリー映画『MMRワクチン告発』(原題:バクシド)が11月17日(土)より全国順次公開となる。
トライベッカ映画祭2016でオフィシャルセレクション作品に選ばれていたにも関わらず、映画祭スポンサーからの圧力により上映が突然取り下げられた本作。この出来事は世界中で取り上げられ、ニュースとなった。2週間後の2016年4月13日、本映画祭創設者の一人、ロバート・デ・ニーロはTV番組「」に出演し、上映差し止めについて以下のように述べた。「この映画は皆が観るべき作品です。反対の声が上がりましたが、米国疾病対策センター()や製薬会社が何をしているのか、これまで知らされてこなかった多くの情報が得られます。自閉症の子供を持つ親として、関心があります。真実を知りたいんです。私は反ワクチン主義者ではありません。安全なワクチンが欲しいだけです。この映画を排除するべきではありません。医学者達は観てから判断すればいいんです。しかし、誰も観て知ろうとはしません。排除しようとするのです。」トライベッカ映画祭による上映差し止め、その後のマスコミ、劇場、スポンサー企業等からの批判や他の映画祭からも上映を取り下げられるなどの反動があったにも関わらず、配給会社はトライベッカ映画祭での上映取り下げ後、わずか4日半で劇場公開を準備し、2016年4月1日にニューヨークのアンジェリカ・フィルム・センターでの公開を実現。そして北米での劇場公開は49州に及び興行成績は約120万ドル(約1.3億円)を記録する大ヒットとなった。
 この映画ほど、ワクチンは科学でも医学でもなく、政治とカネであることを示すものはありません。なお、この作品は新作ではなく、2016年初めの公開され、世界中でバクシド現象ともいうべき反響を引き起こしました。その波はまだ収まっていませんが、日本での公開がこれほど遅れた理由は、このドキュメンタリーのテーマが「ワクチンと自閉症」だからです。
 日本では自閉症は「遺伝病」であり、その原因に「環境」を持ち込むことはタブーです。現在、子どもたちを取り巻く環境は日々悪化しており、自閉症の原因もワクチンの他、農薬や化学物質、電磁波(特にワイ杯、子どもの携帯はダメですよ〜)などがあげられています。中でも直接、体内注入されるワクチンの危険性は群を抜いていますが、日本では、ワクチンを疑うと学者は研究生命を絶たれるし、患者(家族)は支援を受けられなくなる可能性があり、その結果、加害者・被害者ともおとなしく沈黙を守っている状況。それ以前に、ワクチンに対してあまりにも無知、そして「ワクチンが効く」と信じて疑わない人々が多すぎるのが問題でしょう。この映画は、そんな無邪気な信頼を打ち砕く「現実」を突き付けていて秀逸です。でも「バクシド、隠蔽から壊滅へ」の原題が示すように、決してやさしくはないので、前もって本ブログの関連記事を読んでおくことをお勧めします。2018.1013

タイトル取引先に「てめぇ頭おかしいじゃないか?」はよくあることなのか?
記事No3511   [関連記事]
投稿日: 2018/10/13(Sat) 09:26
投稿者ただいま気持ちがフリーズ中
私の障害者雇用で働いている職場で
同僚が会社で使っている某大手通信会社でささいな手違いがあって
問い合わせで電話で初めて話す担当者に向かって
「てめぇ頭おかしいじゃないか?」「おめえの言ってること何言ってるのかわかんめえよ」と罵倒しているのですが、
そういうのを聞いているだけで私の精神に負担が掛かりパニックを起こして大恥をかいてしまいました。

回りの職場の人は気にしていないようなので、自分がASDで精神的に弱いのが悪いのですが、一般社会ではこういう罵倒はよくあるのでしょうか?相手に非があればビジネスマナーなんて関係ないんですね。

タイトル生まれてからずっといきて行く手段が限られている閉塞感
記事No3510   [関連記事]
投稿日: 2018/10/12(Fri) 06:14
投稿者宇宙人
ありのまま生きることも、人間のフリをすることもしんどい。
発達障害とわかったら今度は障害者らしさや、福祉のお世話になれば謙虚さを強制される。
労働もさせていただいてるって形の奉仕芯心を強制されてるかのような仕組みで
死ねなかったのが悔しくてしょうがない
稼げるならスイスで尊厳死したかった
いきていたいと思えたことが正直子供の頃からない
それなりに楽しくやる工夫をしては他人と絡むたびに死にたくなるだけだ
綺麗事うんざり
能力の足りない自分にもうんざり
特別な方の脳が壊れた人なら良かったのにw
無関心型の発達だから自分の機嫌をとって生きるのも大変で正直早く餓死したい
医師に相談しながら人間不信直すのも困難そうで詰んだ
医師も話せる方の人じゃ無くなった
ドイツ語習得して、1発当てて死に場所に行きたい
孤独死は本当に迷惑そうなのに一番叶う死に方っぽい
とりあえず孤独死に備えて余計な脂肪は減らしてる脂肪分が少なければ、取り付く虫も少ないし。。
いきたいといつか願える日来るかなって思って色々頑張ったが、どうやら無駄っぽいw
人間は人間しか優しくできないし、障害者は障害者らしくしないなら生かす気もないっぽい
尊厳死って選択取れるように嘆願書は書く色々諦め中
人間の趣味、人間の食べ物、人間の仕事って
いきていいはずの仕組みに生かされてるはずなのに、死ねと言われてるような世界が嫌いだ

タイトルRe: 職場に友達がいない...
記事No3505   [関連記事]
投稿日: 2018/10/03(Wed) 02:04
投稿者totoro   <http://>
こんにちは。
自分以外の人たちは仲良くしているのを見ると、なんだか寂しくなりますよね。
でも、職場には女性がぶっち様お一人とのこと。
他は男性みたいなので、「自分は女性で他は男性だから」っていうことで、割り切れませんか?
女性ばかりの職場よりも、男性が多くて女性が自分だけ、もしくは自分と他に1〜2人、くらいのほうが、やりやすい環境のような気がします。
職場の同僚の方とは、その場では楽しくおしゃべりしても、学生の頃のようなお友達に、休日にしょっちゅう、一緒に出掛けるとか、そこまでは、なかなかならないと思います。
ましてや、他の方が異性なら。
だって、既婚者や、他にお付き合いされてる彼女さん達が、みなさんいらっしゃるわけですから。

タイトルRe: 職場に友達がいない...
記事No3504   [関連記事]
投稿日: 2018/09/27(Thu) 00:31
投稿者トマト
ぶっち様

他の人の話に合わせて、話しをするのは、つかれるのではないでしょうか。

友達づきあいはしなくても、自分の仕事をきちんとし、簡単な挨拶を
したり、笑顔で接していればよいと思います。

タイトル職場に友達がいない...
記事No3503   [関連記事]
投稿日: 2018/09/26(Wed) 09:52
投稿者ぶっち
アスペルガー20代です。
職場友達を求めるのは間違いでしょうか?
私の職場には友達がいません。喋ろうにも、どうしたらいいかわかりません。私以外女性1人だけだし毎日いるわけでもないし
、私以外社員楽しく会話してハブられている気分だし、どうしたらいいでしょうか?

タイトル訓練について
記事No3501   [関連記事]
投稿日: 2018/09/24(Mon) 16:45
投稿者ポメラニアン
こんにちは。障害によって訓練することが違うかもしれませんが、発達の方が行なう訓練はどんなのが、ありますか?

タイトルRe: 戸の開け閉めのこだわりについて
記事No3500   [関連記事]
投稿日: 2018/09/21(Fri) 15:35
投稿者トットちゃん
そういえば黒柳徹子さんって小学校を追い出された理由のひとつとして机の扉みたいなのを毎回ぱたぱたと開閉していたって話を本で見たんだけど、あの人みたいなものかしら。
あの人の場合、転校先のトモエ学園の校長先生がよくよく話を聞いてくれたとかで、駄目と言われず話を聞いてくれたのがよかったとの事ですが。
制するんじゃなくて、話を聞いてやるほうがいいんじゃないですか。

タイトルRe: 戸の開け閉めのこだわりについて
記事No3499   [関連記事]
投稿日: 2018/09/20(Thu) 21:28
投稿者トマト
あきちゃんさま

家ではトークンを使って効果があるとのこと。
良く勉強されておられるようですね。

幼稚園の環境がどのようなものか、わかりませんが
いくつか思うことがあります。

■自分のグループで行っている活動は、お子さんに
興味のある活動であるのかどうかということです。
自分のグループでやっている活動については興味が
ない、よく理解できていないということはないでし
ょうか。

■お子さんは、自分のグループでの活動について、
楽しく参加できているのはどのような活動でしょう
か。

■幼稚園では、いろいろな刺激が入ってきます。
大好きな戸の開け閉めに見立てられるものが見えな
ければ、そちらにはいかないと思いますが、自分の
グループで好きな活動があれば、参加できるかもし
れません。

■自閉症スペクトラムの特性を持つ子供の場合、ご
承知のように、興味の幅が狭い傾向にあり、興味の
ない活動に参加してもらうのは簡単ではありません。
もし、興味のない活動であった場合は、その活動を
楽しめるような工夫ができるか、他の興味の持てる
活動を用意して、となりのグループの方にいかない
ようにする方法なども考えられると思います。

■家では、戸の開け閉めを我慢して、代わりにどの
ような遊びをしておられるでしょうか。
お子さんが好きな遊び、興味のあることについての
情報が役に立つことがよくあります。
やめさせるとの発想から、切り替えるという発想で
す。

■詳しい状況がわかりませんので、お役に立てたか
どうかわかりませんが、とりあえず思いついたこと
を書かせていただきました。少しでも参考にしてい
ただけることがあれば幸いです。

タイトルRe: 戸の開け閉めのこだわりについて
記事No3498   [関連記事]
投稿日: 2018/09/20(Thu) 14:55
投稿者ん〜
幼稚園に行ってるんですよね。
年長なんでしょ、もう小学生になる学年ですよね。
駄目と言ってきかないんですか。
小学校は地元の小学校ですか、それとも私立受験ですか。
地元の小学校に行くなら普通学級もしくは支援学級どちらを希望していますか教えてください。

タイトルRe: 最近の件での発達障害者の事について
記事No3497   [関連記事]
投稿日: 2018/09/18(Tue) 06:39
投稿者ko
> 発達障害者者も定形発達の人と同様に分別はあるので、たとえ不満が募ったとしても普通は人に多大な迷惑を掛けようとは考えません。

まずお尋ねしたいのですが、上の文章で用いておられる「分別」「普通」とは何なのか。例などを用いて具体的に(あなたなりに)説明できますか?
一般的な社会常識を備え常時発揮できるような個人が圧倒的に多数派で、その多数派の常識や意見が正しいとされる「地域社会」の中において、
発達障害者個人や、その振る舞いが「地域社会」に「発達障害者個人」に何をもたらすのか。

> テレビで発達障害に対する支援や理解が足りなかったのが原因であるように言ってたけど、最終的には個人の善悪の判断の問題だと思います。

「善悪」については極論すれば法の判断するところですね。

ちなみに私は発達障害者です。

タイトル戸の開け閉めのこだわりについて
記事No3496   [関連記事]
投稿日: 2018/09/14(Fri) 12:43
投稿者あきちゃん
戸の開け閉めをやめさせるにはどうしたら良いですか。
年長男の子です。

グループ制作活動で、となりのグループの迷路が大きな積み木で出来ており、ドアに見立てて遊び、自分のグループに戻りません。
幼稚園での対処法をどのようにお願いするか思案しています。

家では、トークンで「戸の開け閉め我慢」シール帳を作り、開け閉めしそうなドアの前で我慢できたらシールを貼って褒めています。
効果はありました。

どうぞよろしくお願いいたします。

タイトル11/3 重松孝治先生セミナー/岡山
記事No3495   [関連記事]
投稿日: 2018/09/11(Tue) 16:12
投稿者トチタロ
参照先http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/keijiban.htm
みなさま、いつもお世話になっています。

「自閉症の人は劣っているのではなく、ただ(私たちとは)違っているだけ」
自閉症の人たちには、私たちとは違った特性、感じ方、そして文化があります。

本来であれば、どちらの文化が上ということではないのですが、何しろこちら側が多数派で、おまけに自閉症の人の想像力は、狭い分野に集中するという特性を持っています。
よって、働きかけ、交流は主にこちら側からの支援という形になることが多いと思います。

11月3日の文化の日に、川崎医療短期大学の重松孝治先生をお招きして、お互いの文化を理解し、コミュニケーションを図るためのセミナーを企画しました。
「異文化コミュニケーション」を考える一日としたいと思いますので、多くのみなさまの参加をお待ちしています。


『第99回(平成30年度第4回) 育てる会 自閉症啓発セミナー』

    日 時:平成30年11月3日(土・祝) 14:00〜17:00
    場 所:岡山ふれあいセンター 大ホール(岡山市中区桑野715-2)

    テーマ:「自閉症の理解と具体的支援
         〜“文化の日”に、自閉症の文化について考えよう〜」
    講 師:重松 孝治 先生(川崎医療短期大学 講師) 

    主 催:NPO法人 岡山県自閉症児を育てる会
    参加費:一般2,000円、学生 1,000円、正会員 500円、賛助会員 1,000円
    申込・問合せ:Tel.086‐955‐6758、Fax.086-955-6748
           E-mail acz60070@syd.odn.ne.jp

詳しくは ↓ のチラシをご覧ください。

http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/20181103.pdf

タイトル追伸
記事No3493   [関連記事]
投稿日: 2018/09/01(Sat) 22:05
投稿者なんだぃ
参照先http://www3.nhk.or.jp/news/word/0000684.html
国や一部の地方自治体の障がい者雇用水増し問題ですが、
長年にわたって本来は雇うべき方を採用していないことになり、
障がい者は安定した収入を得て、家族を持ち、
中でも女性は子どもを産むことができる年齢を過ぎてしまった
方も少なくないという現実をどうやって補償するのでしょうか?

タイトル障がい者は資格がないと国の法定枠の定職には就けない?
記事No3491   [関連記事]
投稿日: 2018/09/01(Sat) 21:52
投稿者なんだぃ
参照先http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180901/k10011604101000.html
参照先のニュースですが、障がい者は資格を持たないと
国では法定枠での定職に就けないということでしょうか?

それにしても、資格を取得していない大多数の障がい者は
国でその枠を使う場合、臨時職のみとなり、ショックが大きいです。