[リストへもどる]
一括表示
タイトル11/6 梅永雄二先生 / ハワイ
記事No4012
投稿日: 2021/09/29(Wed) 15:08
投稿者トチタロ
参照先http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/keijiban.htm
みなさまいつもお世話になっています。

先日、9月25日の吉田友子先生のセミナーでは、全国からのご参加ありがとうございました。
コロナ禍で、会場での講演会は難しくなっているのですが、オンラインに切り替えたことでのメリットもあると思います。
吉田先生のセミナーでも、先生は東京から、発信は岡山から、参加者の方は全国から・・・・ということで、参加者の6割以上の方が岡山県外からのZoom参加でした。
また、当日どうしても都合がつかなかった方も、後日配信で受講できるというのも、オンラインでのいいところですね。

・・・・ということで、次回のセミナーは、早稲田大学教授の梅永雄二先生のオンラインによる講演会です。
先生は、現在サバティカル(特別研究期間)を利用して、ハワイ大学マノア校で職業リハビリテーションなどの研究をされていらっしゃるのですが、オンラインならハワイからでも講演をお願いできるのでは・・・と、無理をお願いしてのハワイからの生中継です!!
コロナ前なら、考えつかなかったセミナーですね。

内容は、「自閉症支援 はじめの一歩」ということで、支援に欠かせないアセスメントの大切さについてお話いただく予定です。合わせて世界の最前線のお話もお聴きできたら、と期待しています。

詳しくは下のチラシをご覧ください。

http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/20211106omote.pdf


『 第113回 育てる会 自閉症啓発セミナー 』      

  日 時:令和3年11月6日(土) 13:00〜16:00(日本時間)
  場 所:オンライン(Zoom) 開催

  テーマ:「自閉症支援 はじめの一歩
          〜今、わたしたちは何をするべきか〜」
  講 師:梅永 雄二 先生(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)

  主 催:特定非営利活動法人 岡山県自閉症児を育てる会
  参加費:一般 2500円、学生 1000円、正会員 500円、賛助会員 1500円

  問合せ:Tel.086-955-6758、Fax.086-955-6748
       E-mail acz60070@syd.odn.ne.jp
  申込み:http://sodaterukai.org/policy1.html

タイトルRe: 11/6 梅永雄二先生 / ハワイ
記事No4013
投稿日: 2021/10/02(Sat) 23:31
投稿者哲夫の霊言
 梅永先生って、昔、ゼロ年代の頃、発達障害の
就労支援研究をなさってた方で懐かしいお名前。
 大変残念だけど、梅永先生から良い知恵を授か
って就労がうまく行った話とか全く聞いた事ない。
 昔の高度経済成長とか安定成長やバブルの時代
ならともかく、90年代末期以降あちこちの職場で
合理化効率化がどんどん推し進められたから、
発達障害者の就労はもう無理ですよ。
Aさんのようにお情け採用特別枠でK市役所で
働いている方は別ですが。

タイトルRe^2: 11/6 梅永雄二先生 / ハワイ
記事No4014
投稿日: 2021/10/04(Mon) 14:31
投稿者トチタロ
参照先http://ww3.tiki.ne.jp/~teppey/keijiban.htm
>  昔の高度経済成長とか安定成長やバブルの時代
> ならともかく、90年代末期以降あちこちの職場で
> 合理化効率化がどんどん推し進められたから、
> 発達障害者の就労はもう無理ですよ。

「哲夫の霊言」様、レス、ありがとうございます。
でも、そんなことはないと思いますよ。少なくとも岡山では発達障害者の就労は増えていると感じています。

重度の知的障害を持つ息子ですが、支援学校(当時は養護学校)を卒業し、一般企業に就労して15年になります。
最初は、息子一人で始まった企業内の事業所でしたが、今では5人の発達障害を持つ青年たちが働くようになっています。

梅永先生にも、わざわざ岡山まで息子の就労現場を見に来ていただきました。
発達障害者の就労については、実践と研究に熱心な先生だと思いますよ。

コロナ禍でオンラインを使用せざるをえなくなったのですが、逆に地域制限がなくなったおかげで、来年度の支援者のための夜間連続講座(年10回開催予定)は、梅永雄二先生プロデュースでお願いしようと思っています。
赤磐市での支援者向け連続講座(こちらもオンラインで年10回です)は、京都市発達障害者支援センター所長の児童精神科医、村松陽子先生に講師をお願いしています。
もし、「哲夫の霊言」様が、支援者の立場の方でしたら、どうぞご検討いただければと思います。(申し訳ないですが、両方とも保護者対象講座ではありません)

また、詳細が決まりましたら、こちらの掲示板でもご案内したいと思っておりますので、みなさまよろしくお願いします。