[リストへもどる]
一括表示
タイトルどうすればいいでしょうか???
記事No3820
投稿日: 2020/05/22(Fri) 18:12
投稿者和田
こんばんは。知的障害者当事者の和田です。

今日は、障害者教育についてなのですが、日本の障害者教育はいろいろおかしくありませんか?

テストもないし、教科書も配られない。

出した結果は本人の責任なので良いので、テストや教科書を配ってほしいし、テストをやりたいです。

今は中学2年生1学期ですが、学校へ行っていません。小学4年から不登校になりました。

小学2年生から特殊学級在籍です。

今は、動画で小学校4年から中学1年ぐらいまでのを取り戻し学習をしています。

障害者年金を廃止し、障害者手帳も廃止し、障害者もテストを課し、教科書を使って平等に授業をしたいです。
(ちなみに、事あるごとに障害者差別と言ったり、障害者年金が障害者差別の種になっています)
私は知的障害者ですが正直、重度の人と一緒にしてほしくないです。

特殊学級は特別支援学校と同じカリキュラムみたいですが・・・

どうすればいいでしょうか?(涙)

タイトルRe: どうすればいいでしょうか???
記事No3825
投稿日: 2020/05/25(Mon) 10:42
投稿者サラダ
和田様

テストは学力、理解の状態を調べるためのものです。
本屋さんに問題集などを売っていますので、これをやっても、自分の
学力、理解度などがわかります。

教科書は、特別支援学級でも使っていると理解しています。
なお、県や市町による違いなどもありますので、ここで正確なことを
お答えすることはできません。現在所属している学校に聞かれたらい
かがでしょうか。

人は、みんな違っています。みんなが同じクラスで同じように学ぶ
ことは、平等に見えるかもしれませんが、私は平等ではないと思い
ます。

身体的な障害の場合、例えば目が不自由な方、耳が不自由な方、足が
不自由な方へは、その方の障害に合った支援がされています。
これは、社会の中にも広がっていて、車いすの方が困らないように、
目の見えない人が困らないように、耳の聞こえない人が困らないよう
に、そのような人のための配慮が行われています。これを合理的な配
慮と言います。身体的な障害ではない、見た目ではわからない困りご
とを持っている方にも、合理的な配慮が行われており、特別支援学級
や特別支援学校もそのような考え方に沿っています。

なお、特別支援学級については普通学級と同程度の内容について学ぶ
力がある子どもさんのためのクラスと、普通学級と同程度の内容では
難しい子どもさんのために、その子に合ったことを教えて成長できる
ように支援をするように工夫するクラスがあります。

普通学級と同程度の内容について学ぶ力がある子どもさんのクラスで
は普通クラスと同じ教科書を使い、テストもしていると思います。

特別支援学校の中学校を卒業してから、普通の高等学校に入学する
子どもさんもいます。特別支援学級では、一人一人の持っている力
に配慮して教えてくれますので、普通クラスにいるよりも、成長し
やすいのが普通です。

普通クラスよりも、一人の先生が教える子どもさんの人数が少ないの
で、身体的な障害のある方と同じように、配慮をしているのです。

特別支援学校は、また、通常の学校の特別支援学級よりも、さらに
丁寧に一人一人に合わせて教えてくれる学校です。 特別支援学級と
特別支援学校は同じカリキュラムではありません。

学校に行かれていないとのことで、実際のことはわからないと思い
ます。私は、普通学級、特別支援学級、特別支援学校のすべての様子
を見させていただいています。想像では分かりませんね。

現在所属されている学校に行ってみてはいかがですか。

障害者年金が必要ないのであれば、もらわなければよいのです、障害
者手帳も必要ないのであれば、もらわなければよいのです。年金があ
るから、手帳があるから、障害者になるわけではなく、差別が起きて
いるわけでもありません。

和田さんの文面を見ていると、障害者の方を差別しているように見え
ます。和田さんが障害者を差別しているのではないですか。私は、障
害を持っている人を差別することはありません。障害を持っている人
を差別することは、恥ずかしいことであり、褒められることではあり
ません。社会は、みんなが助け合って成り立っています。

障害のある方でも、学校に通い、卒業し、就職して仕事をしている方
が沢山おられます。