[リストへもどる]
一括表示
タイトル父親の障害の受容
記事No3594
投稿日: 2019/02/21(Thu) 03:51
投稿者じゅんいち
はじめまして。6歳の息子が自閉症スペクトラム障害の診断を受けて、療育施設、作業療法、子どもの好きなエレクトーン、英語などをやりながら、成長を見守ってます。
来年度からは、普通クラスでも対応可能だと思われましたが、子どもが学校を好きでいて欲しいので、支援学級に通うことにしました。

症状としては、家で軽いかんしゃく?のような、ダダをこねて、泣いたりクズったりすることがある以外、特に目立った困りごとはありません。

ただ、父親としては気軽に相談できる人もおらず、毎日、仕事と療育の送り迎えなどで日々を過ごしてます。

今は、症状がほんと軽いのですが、自閉症スペクトラム障害の特性は成長しても残ると専門家や、自閉症児の親御さんから聞いたりして、子どもが大人になって安心して暮らしていけるか、不安で一杯です。

おそらく、相談相手がいないことが不安の原因かと思いますが、毎日忙しい中でどのように、将来を考えればいいでしょうか??

何か、おススメの本やおススメの相談先などあれば色々教えてください。
よろしくお願いします。

タイトルRe: 父親の障害の受容
記事No3595
投稿日: 2019/02/22(Fri) 13:39
投稿者かぞくる   <hello@kazokuru.com>
参照先http://https://kazokuru.com/
初めまして。
応用行動分析(ABA)に基づく訪問療育を行なっているものです。
行動分析学は、行動の原理を用いて、お子様の発達の気になる面に効果的にアプローチでき、お子様のように自閉症スペクトラムでも特に軽度である場合、ABAの考え方を知っておくことは将来に向けて非常に役立つと思い、コメントさせて頂きました。
よかったら、奥田健二先生の「メリットの法則」を読んでみてはいかがでしょうか。また、参考になるかわかりませんが、私も時々、ABA療育の記事を「かぞくる 療育」というサイトで書いているので、よかったらご覧ください。


お父様の不安が少しでも解消される情報に出会うことができますように。

タイトルRe^2: 父親の障害の受容
記事No3597
投稿日: 2019/02/22(Fri) 19:48
投稿者じゅんいち
奥田健二先生の「メリットの法則」を紹介して頂き、ありがとうございます。
うちの子は、軽度だと思うので、試してみようと思います。

うまく言えませんが、目標を持ったり、色んなことを試して、子どもの成長により注目すると、不安よりも目標を達成した喜びや、悔しさに感情がシフトしていく気がしたした。

メリットの法則を試して、もがいています!!

タイトルRe: 父親の障害の受容
記事No3604
投稿日: 2019/03/08(Fri) 22:16
投稿者
それ位でしたら特別な支援・相談も不要と思います。

子育てスキルを少しアップするだけで十分と思います。

余計な事を、やり過ぎて、かえってうまく行かなくなった例を多く知ってます。

業者・自称専門家は商売を進めて来ますけど口車に乗らない事です。

タイトルRe^2: 父親の障害の受容
記事No3609
投稿日: 2019/03/10(Sun) 17:35
投稿者いさん
いさん、ありがとうございます。

特別な支援がいらないと言ってくれた、臨床心理士さんもいて、そうかもと考えてました。

変に不安になりすぎるぐらいだったら、子育てでしっかり、楽しい毎日をおくれるような生活をするのもよいですよね。