[リストへもどる]
一括表示
タイトル死生学・私の声
記事No3551
投稿日: 2018/12/07(Fri) 20:42
投稿者福豆
こんばんは。
「安楽死」「尊厳死」を望む人もいるかもしれません。
人工呼吸器・IVH・在宅酸素療法・膀胱の留置カテーテル・人工透析・インスリン注射。
自分の臓器で排便・排尿ができるときはいいのですが、ストーマを使わなければならなかったとき、「誰でもトイレ」がどこにでもあるわけでもなく、とても困ったものです。
人工関節の手術はオピオイドを入れるので困りません。
でも、手術後の人工呼吸器や、身体が弱っているときのHOT酸素など、苦しくて苦しくて、死にたい・もう殺してほしいと思ったものです。
特別障碍者とか・難病患者として生きたとしても、お役所の見守り対象者のリストに載っているので、羽目を外すこともできません。
そんな中でも、海に連れて行ってほしいと願い・無理を聞き入れてもらったこともあります。
海には入れませんが、車いすを押されながら、頬に潮風を感じることもできました。
一度海を見ることができたので、その向こうにある外国のこととか、遠くに思いをはせることもできました。
生きたいと願いながら生きられなかった人を思えば、贅沢です。