[リストへもどる]
一括表示
タイトル生まれてからずっといきて行く手段が限られている閉塞感
記事No3510
投稿日: 2018/10/12(Fri) 06:14
投稿者宇宙人
ありのまま生きることも、人間のフリをすることもしんどい。
発達障害とわかったら今度は障害者らしさや、福祉のお世話になれば謙虚さを強制される。
労働もさせていただいてるって形の奉仕芯心を強制されてるかのような仕組みで
死ねなかったのが悔しくてしょうがない
稼げるならスイスで尊厳死したかった
いきていたいと思えたことが正直子供の頃からない
それなりに楽しくやる工夫をしては他人と絡むたびに死にたくなるだけだ
綺麗事うんざり
能力の足りない自分にもうんざり
特別な方の脳が壊れた人なら良かったのにw
無関心型の発達だから自分の機嫌をとって生きるのも大変で正直早く餓死したい
医師に相談しながら人間不信直すのも困難そうで詰んだ
医師も話せる方の人じゃ無くなった
ドイツ語習得して、1発当てて死に場所に行きたい
孤独死は本当に迷惑そうなのに一番叶う死に方っぽい
とりあえず孤独死に備えて余計な脂肪は減らしてる脂肪分が少なければ、取り付く虫も少ないし。。
いきたいといつか願える日来るかなって思って色々頑張ったが、どうやら無駄っぽいw
人間は人間しか優しくできないし、障害者は障害者らしくしないなら生かす気もないっぽい
尊厳死って選択取れるように嘆願書は書く色々諦め中
人間の趣味、人間の食べ物、人間の仕事って
いきていいはずの仕組みに生かされてるはずなのに、死ねと言われてるような世界が嫌いだ

タイトルRe: 生まれてからずっといきて行く手段が限られている閉塞感
記事No3548
投稿日: 2018/12/06(Thu) 12:25
投稿者へちま
宇宙人さん
いままで誰にも理解されず、苦しかったですね。
まるで何もない宇宙空間に放り出され、空気も吸えず一人もがいている感じでしょうか?
そのすぐそばで生活する人がいるのに、まるで透明人間であるかのように周りは無関心。

わたしも幼いころから、死の選択が常に頭にありました。
まともに出来ることがほとんどなく、またその窮状を他人にうまく説明できず、さらに誤解を招きネガティブな言動をなげかけられる・・・。

発達障害者と診断されたのは、人生を半分折り返す歳になってからで、それまでは訳も分からず苦しみました。
診断されてからも、自分の状態が変わるわけはなく、死ぬまでこの何もできない体に閉じ込められて生きていかなければいけません。
正直地獄のようだと思います。

サポートを求めたくても、本当に必要な救いの手は、どこにも用意されていないと感じます。
表面的にしか絡んでこないものだったり、窮状を打破できるような役立つものでなかったり、そもそもサポートを求める事態おこがましいぞという扱いをされることもたびたび・・・。

宇宙人さんの文章で、ばらばらに宇宙空間に存在している苦しみの、泡と泡がすこしつながった気がしました。
泡のなかがくっきりみえる書き込みでした。