[リストへもどる]
一括表示
タイトルチャレンジ雇用について
記事No3326
投稿日: 2018/03/10(Sat) 14:24
投稿者桜餅
特別支援学校を卒業した息子が、チャレンジ雇用で県の臨時職員として働くことになりました。
就職できたことは、大変うれしいことで親子共々喜んでいるのですが、最長3年間の期限付きで、その後一般就労を目指すそうです。
そこで、お伺いしたいのですが、チャレンジ雇用後、スムーズに就職できるものでしょうか?ご存知の方がいれば教えてください。

タイトルRe: チャレンジ雇用について
記事No3328
投稿日: 2018/03/12(Mon) 05:42
投稿者匿男
> 特別支援学校を卒業した息子が、チャレンジ雇用で県の臨時職員として働くことになりました。
> 就職できたことは、大変うれしいことで親子共々喜んでいるのですが、最長3年間の期限付きで、その後一般就労を目指すそうです。
> そこで、お伺いしたいのですが、チャレンジ雇用後、スムーズに就職できるものでしょうか?ご存知の方がいれば教えてください。

おはようございます。

チャレンジ雇用で内閣府や中央官公庁に行かれる事業所の方もいます。

知的発達障害の方でもいらっしゃいます。

問題なのは、チャレンジ雇用が決まったから喜ぶのではなく、3年間の期間内でどれだけ働きぶりが見られるかと言うことなんですよね。

それでその後その方を見る目がまた変わってくるはずです。

ですから、仕事は就いてからが正念場ですから、それをちゃんと息子さんにお伝えしておくこともお勧めします。

タイトルRe^2: チャレンジ雇用について
記事No3330
投稿日: 2018/03/12(Mon) 21:32
投稿者桜餅
メッセージありがとうございました。
本当にその通りですね。
この3年間で、何を学べばいいのか模索中です。
以前の書き込みであったコグトレを購入して始めてみました。
日常会話はできるのですが、雑談などのコミュニケーションを苦手とする息子ですので、カルチャーセンターの話し方教室に通ってみようか、などと考えています。
コミュニケーションを伸ばす良い教材をご存知の方がいましたら、教えていただきたいです。

タイトルRe^3: チャレンジ雇用について
記事No3331
投稿日: 2018/03/13(Tue) 08:07
投稿者匿男
> メッセージありがとうございました。
> 本当にその通りですね。
> この3年間で、何を学べばいいのか模索中です。
> 以前の書き込みであったコグトレを購入して始めてみました。
> 日常会話はできるのですが、雑談などのコミュニケーションを苦手とする息子ですので、カルチャーセンターの話し方教室に通ってみようか、などと考えています。
> コミュニケーションを伸ばす良い教材をご存知の方がいましたら、教えていただきたいです。

おはようございます。

まず、コミュニケーションは「一対一」でちゃんと話せる!という相手を見つけて、とことん話してみて、自信が持てるようになってから、その人になら悩みとかも打ち明けられるしへたくそな話でも聞いてもらえるという安心感が持てることが大事だと思います。

その人を安全基地にして、他の人とも積極的に会話ができるようになる・会話をしようとするようになり、練習にもなります。

ですから、相手は桜餅さんでもいいですから、今回の就職の話でもいいですから、とことん話してみることをお勧めします。

ビジネスマナーのお話やスピーチは話し方教室で学べますが、職場で大事なのは雑談のスキルであることも理解してもらうといいです。

タイトルRe^4: チャレンジ雇用について
記事No3332
投稿日: 2018/03/13(Tue) 21:35
投稿者桜餅

アドバイスありがとうございました。
信頼して話せる人間に、まずは、私がなろうと思いました。語彙が少ない子なので、つたない会話ですが、まずは、しっかり聞いてあげなくては、と思いました。

タイトルRe: チャレンジ雇用について
記事No3333
投稿日: 2018/03/14(Wed) 23:27
投稿者保護者
> 特別支援学校を卒業した息子が、チャレンジ雇用で県の臨時職員として働くことになりました。
> 就職できたことは、大変うれしいことで親子共々喜んでいるのですが、最長3年間の期限付きで、その後一般就労を目指すそうです。
> そこで、お伺いしたいのですが、チャレンジ雇用後、スムーズに就職できるものでしょうか?ご存知の方がいれば教えてください。


スムーズに就職できるかどうかは
本人の姿勢や家族の支援もありますが
雇用した県の仕込みかた次第という部分もあると思います。


数年前、当方が住んでいる県で
知的障害者の雇用募集があったので説明会に参加したのですが、
退職校長の集まる閑職の補助で
かび臭い資料の整理という仕事でした。

(あとから聞いた話では、知的障害者の能力などまったくあてにしておらず
おじいちゃんたちにいい子いい子されてるだけの仕事(?)だったとか)


しかも通勤は車でないと(実際マイカー通勤者ばかり)
交通は不便だし、夜は街路灯もない物騒なところに建ってるのが勤務先。
Y字になった道の反対側に進んだ先には民間企業の工場がありましたが、
そちらは街路灯がばっちり整備されていました。
しかもマイクロバス通勤。

馬鹿にしてるなーと思って、やめました。


まあ、これは悪い場合の一例ですので、
県の意識によって、きちんとしてるところもあると思います。


ただ、個人的な感想としては
当方の地域に限って言えば、公的機関の就労支援は旧態依然のところが多いと思っています。


民間というかNPOなどは
知的障害であろうとPC操作や英語検定、漢字検定
服装や挨拶、テーブルマナー、
履歴書の書き方まで教えてる機関がありますから。


斡旋する仕事も清掃から事務職まで幅広いです。
ジョブコーチがついて指導してくれます。
10年以上、企業勤めしている人も珍しくありません。


高機能の人は雑談に応じることもあるでしょうけれど、
中程度のわが子に求められるのは、
仕事の指示をしっかり聞いて適格にこなすことです。


ホワイトボードに書き出したり、
最近ではタブレットを個々に持たせて、
視覚で指示を理解させようとしている企業もあります。
話すことより、相手の話を理解することに重点を置いたほうがいいと思います。


自閉さんは一方的におしゃべりしがちで、
「受信」は苦手という子が多いですから。

タイトルRe^2: チャレンジ雇用について
記事No3334
投稿日: 2018/03/15(Thu) 22:06
投稿者桜餅
メッセージありがとうございました。
はじめての仕事に、どうなることやら本人よりも親がどきどきしています。
できるなら、ついていきたいところですが、幸いジョブコーチさんがついてくださるので、情報を交換して支援していきたいと思います。
雑談より、相手の指示を正確に理解すること、その通りだと思います。そして、これを読んで少し気持ちが楽になりました。
今までできなかったことが、急にできるようになるとは思えないので、まずは、できることを伸ばしていけるように、ジョブコーチさんと考えていきたいと思います。
ご意見ありがとうございました。

タイトル(補足)横失礼いたします。
記事No3335
投稿日: 2018/03/16(Fri) 04:50
投稿者匿男
> メッセージありがとうございました。
> はじめての仕事に、どうなることやら本人よりも親がどきどきしています。
> できるなら、ついていきたいところですが、幸いジョブコーチさんがついてくださるので、情報を交換して支援していきたいと思います。
> 雑談より、相手の指示を正確に理解すること、その通りだと思います。そして、これを読んで少し気持ちが楽になりました。
> 今までできなかったことが、急にできるようになるとは思えないので、まずは、できることを伸ばしていけるように、ジョブコーチさんと考えていきたいと思います。
> ご意見ありがとうございました。

横失礼します。

おはようございます。
ジョブコーチさんがいらっしゃるなら、いい環境だろうと思うます。(^^)/
気になったのは、就職が決まるまでに、実習や訓練は受けられましたか?
その過程で、ホウレンソウはみっちり仕込まれることが多いので。
もちろん、それは職場でも学べますし、ジョブコーチさんからもご指導があると思うので大丈夫ですよ。(私もジョブコーチさんからお世話になったこともあり、基本的なビジネスマナーを教わりました。
この辺りは、日常会話ができるのならば申し分ないです。

雑談に関しては、チャレンジ雇用から正規採用に移ってから、苦労することがあるかもしれません。
合理的配慮には限界があり、理解が進めば進むほど、自閉症って難しいなと思う方々も増えており、理解さえしていただければ物事が進むというわけでもありませんし。
仕事をすれば苦労があるのは当然のことですので、たまにはガス抜きが必要ですし、ジョブコーチさんに嫌なことも聞いていただかなければなりません。
また、数年前障害者枠の人事で採用されて知的障害のある自閉症の方の担当をした経験から言えることは、上司から見ても若い人は多少おかしなことを言っても、むっつりしているより、かわいがられることが多いということです。
職場で上司や同僚に「何を考えているのかわからない。」と思われると、そもそも困り感が伝わらず、配慮を受けることが難しくなることもあります。
そういったことを話せるようになる教材は「人間」であることが一番だと思いますので、ご家庭でもお仕事で疲れてきたと思われたら、少しだけ耳を傾けてあげることをお勧めします。
私も最初は両親が連絡帳を書いてくれて、職場と連携を取ってくれていました。
そういった工夫も考えられます。

メンタル面でも息子さんが頑張っていかれる環境を調整して、今後の職場に適応していかれるよう、サポートしていかれるといいのではないかなと思います。