[リストへもどる]
一括表示
タイトルツバ吐きについて。
記事No3256
投稿日: 2018/01/08(Mon) 10:02
投稿者あんころもち
現在11歳中度知的障害を伴う自閉症の息子のことで
ご相談させていただきたく、投稿します。

小さな頃から思い通りにならない時は、
声出し、物に八つ当たりを繰り返してきました。
今現在もなかなか改善されずにおります。

最近になってツバを吐くようになりました。
唾を飲み込むよう正しい行動への声掛けを行なっていますが、
ツバ吐きの件だけでなく、
子育てをどのようにしていったら良いのか、
自分自身でも分からなくなってきてしまいました。

本やネットで情報を得るにしても、
その子その子によって対応もタイプもそれぞれで、
参考にはなるものの実際に我が子に合う方法はどれなのか、
色々と試してみるものの、
これでいいのだろうかと悩み自分の対応に自信が持てません。

どんな事でもいいので、
アドバイスをいただけると有難いです。

タイトルRe: ツバ吐きについて。
記事No3257
投稿日: 2018/01/08(Mon) 10:48
投稿者
>中度知的障害
とはIQ30位ですか?

> 小さな頃から思い通りにならない時は、
> 声出し、物に八つ当たりを繰り返してきました。
この時は、どのような取り組みを行ってきましたか?
改善されなかった原因は何と思いますか?
>
> 最近になってツバを吐くようになりました。
他に問題となる事は無いですか?

あまりにも情報が少ないですけど
現状把握は出来ていますか?

タイトルRe^2: ツバ吐きについて。
記事No3258
投稿日: 2018/01/08(Mon) 11:11
投稿者あんころもち
早々のお返事をありがとうございます。

> >中度知的障害
> とはIQ30位ですか?

愛の手帳2度です。
IQもそのぐらいだと思います。

>
> > 小さな頃から思い通りにならない時は、
> > 声出し、物に八つ当たりを繰り返してきました。
> この時は、どのような取り組みを行ってきましたか?

思うように言葉を発せられない、
わかってもらえない、
感情のコントロールが苦手なのが主な原因だと思います。
言葉で気持ちを代弁しても理解できない言葉が多いので、
言われれば言われるほど自分の置かれている立場が良くない状況だと感じ、
余計に悪化するようです。
行動療法に置き換えると注目に当てはまる様子なので、
無視をすることもあるのですが、
無視できる状況とできない状況があり、
私自身の勉強不足が一番の原因かと思います。
> 改善されなかった原因は何と思いますか?
> >
> > 最近になってツバを吐くようになりました。
> 他に問題となる事は無いですか?
>
声出しもダメ、
物に八つ当たりもダメ、
そしてツバへと行き着いたように思います。
> あまりにも情報が少ないですけど
> 現状把握は出来ていますか?

あまり文章でダラダラと書いてもと思い、
大雑把な質問となってしまい申し訳ありません。
現状把握できていないと思います。
できていたら自分自身の行動にもっと自信を持てていると思うのです…。
このように掲示板にてお世話になることもないのかなぁと感じています。

タイトルRe^3: ツバ吐きについて。
記事No3262
投稿日: 2018/01/08(Mon) 21:04
投稿者
> 思うように言葉を発せられない、
> わかってもらえない、
これに、ついてはどのような取り組みを行いましたか?
一派的には絵カード
身振り・手ぶりでのコミュニケ―ションと思います。

> 感情のコントロールが苦手なのが主な原因だと思います。
> 言葉で気持ちを代弁しても理解できない言葉が多いので、
言葉で理解出来なければ他の方法を模索

なかなか細かい説明まで出来ないですけど
2・3歳位の時の取り組みに問題が有るように思います。
3歳でIQ30位でしたら中学校で真ん中の成績程度までは持って行けます。

愛の手帳2度、重度 F72知能指数は20 - 34程度(3歳以上5歳3か月未満)

中学受験して行く子達は小学校5・6年生で高校レベルの学習をしています。
10・11歳で17・18レベルの学習をしてます。

タイトルRe^4: ツバ吐きについて。
記事No3263
投稿日: 2018/01/08(Mon) 21:44
投稿者あんころもち
情報の少ない中、
ご丁寧にありがとうございます。

> 2・3歳位の時の取り組みに問題が有るように思います。
2.3歳の頃は神奈川に住んでおり、
診断がおりたのは丁度3歳の頃です。
それから療育や通園施設へ通いましたが、
療育と言うには程遠い感じでした。

教えて欲しいのは私の方なのに、
どうやったらいいんでしょうね?
と先生から言われた時は絶望的な気持ちになりました。

私の書き方が悪かったようで申し訳ありませんが、
現在11歳で愛の手帳2度です。
すみません、2度って重度でしたね。

もうこの年齢まできてしまうと、
修正するのはなかなか難しいですよね。
今現在まで抑肝散を飲んできたのですが、
こちらもきいているのかいないのか…。
薬の服用も検討した方が、
お互いのためにもいいのかなぁとぼんやり思っている所です。

タイトルRe: ツバ吐きについて。
記事No3264
投稿日: 2018/01/08(Mon) 22:54
投稿者トマト
あんころもち様

お困りのことと存じます。

>唾を飲み込むよう正しい行動への声掛けを行なっていますが、

 正しい行動を身に着けられるように教えようとの基本的なお考え
はよろしいように感じられるのですが、実際に「ツバを飲み込むよ
うに」との声かけで、うまくいかないケースは多いと思います。

自閉症といっても、人により、理解できること、興味のあること、
コミュニケーションの力、社会性、その時にやりたいことの違いな
ど、いろいろな違いがありますので、簡単にはいかないことはよく
お分かりのことと存じます。

以下は、今回のことへの直接的なお答えにはならないと思いますが
何か、少しでもヒントになれば幸いです。

1.お子さんが唾を吐く意味を考える

 お子さんは、あんころもちさんに、何らかの行動をしてもらうこ
と(要求)を期待して、「ツバ」を吐いているように感じました。
しかし、唾を吐いたからと要求を聞くわけにはいかないですね。

 唾を吐くという行動には限らず、(人を叩く、自分を叩く、声を
出すなど)自閉症の特性を持つ人の中には、このような行動を身に
着けてしまう方は多くおられます。特に、知的障害の重い方の方は
自分から何かを伝える、あるいは相手から伝えてくることの理解な
どコミュニケーションの力が非常に弱く、このような行動につなが
りやすいと思います。
 あんころもちさんが悪いと考えることではありません。

 唾を吐くことは、単に、唾を吐きたいということではなく、何ら
かの本人の要求実現のための意思と関係しているのではないかと思
います。

 このため、「唾を飲み込みなさい」と言っても、「唾を吐いては
ダメ」と言っても、本人が実現したいこととは違っており、お子さ
んは要求が通らず、不満ですし、周りの人も困ってしまうことにな
ります。

2.改善するために

 お子さんが、実現したいことはどんなことでしょうか。
 もちろん、場面によって、その時によって違いがあると思います。

 お子さんが、安定しているとき、適切に行動できていることもあ
るのではないでしょうか。そして適切に行動できていないことも少
なくないということだと思います。

 改善をしていくため、すべての場面に通じるような魔法の言葉は
ありません。(私たちでも、どんな時でも一つの言葉で満足できる
ことはありません。)
 何らかの場面にターゲットを絞って考えてみてください。

 また、唾を吐くことについては、注目をせず、無視をした方がう
まくいくことが多いように思います。

 その不適切な行為(例えば、唾を吐く)が出るときは、子どもさ
んは満足していない時だと思います。

 本人が興味の持てることをやっている時、大きな不満がないとき
は唾は吐かないことが多いのではないでしょうか。

 唾吐きには注目せず、本人が嫌いではないことをしている時間を
増やすことが、改善につながることが多いと思います。

 掲示板のやりとりだけでは、お子さんのことがわかりませんし、
やりとりにはとても時間がかかります。

 あんころもちさんと同じようなことで困っている人は少なくあり
ませんし、改善することは可能です。

 あんころもちさんは、お子さんのことがわからないとお困りだと
思いますが、お子さんも同様です。

 どこにお住まいかわかりませんが、自閉症協会では個別の相談や、
研修会、保護者の経験談の交流などを行っています。

 私の子どもも自閉症で、子どもの障害について勉強し、子どもの
気持ちを考え、対応の仕方について学び、改善をしてきています。

 私の知っている限りでは、薬は補助的に役に立つこともあります
が、多くの場合は、子どもさんを理解し、環境を整え、活動を整理
し、対応の仕方を変えていくことです。私の子どもも、私が変わる
ことで、子どもも変わり始めました。私は変わらずに、子どもを変
えようとしても、難しかったと思います。
 
 お辛いと思いますが、必ず良くなる方法はあると思います。

タイトルRe^2: ツバ吐きについて。
記事No3266
投稿日: 2018/01/09(Tue) 14:50
投稿者あんころもち
ご丁寧にお返事をありがとうございます。
実際に「ツバを飲み込むように」との声かけで、うまくいかないケースは多いと思います。

できる時とできない時があります。
できない時は思い通りにならない時がほとんどです。
注目行動そのものだと思います。
唾吐きだけに限らず声出しの時なども、
様々な対応をして試してみましたが、
やはり一番効果があるのは無視だと思います。
しかし、
注意しなければいけない状況の時にどのようにしたらいいのか、
いつも困ってしまうのです…。
特に公共機関での声出しや唾吐き。
もちろん公共機関への利用は致し方ない時、
公園を利用する時は夕方暗くなってからなど、
なるべく配慮しているつもりです。

>  あんころもちさんは、お子さんのことがわからないとお困りだと
> 思いますが、お子さんも同様です。
そうですよね。
何だか私が被害者意識になってしまっていたのかもしれません。
まずは基礎から勉強し直そうかと思います。

勉強するにあたって参考にされた本、
またはどのようなことを心がけて改善されたかなど、
お聞かせいただけると幸いです。

タイトルRe^3: ツバ吐きについて。
記事No3270
投稿日: 2018/01/11(Thu) 17:14
投稿者トマト
あんころもち様

> そうですよね。
> 何だか私が被害者意識になってしまっていたのかもしれません。

 とても、大切なお考えだと思います。

> まずは基礎から勉強し>勉強するにあたって参考にされた本、
>またはどのようなことを心がけて改善されたかなど、
>お聞かせいただけると幸いです。

一番参考にしたのはTEACCHです。
なお、TEACCHを形で学ぶのではなく、考え方を学び、一人ひと
りに合わせて考えていくことが大切だと思います。

例えば、私の子どもは言葉がありませんでしたので、カードを使って
見ましたが、すぐにはうまくいきませんでした。

私からみて治したいことを、私のペースで取り組もうとするとうまく
いきません。一方で、何でも言われるままでは今後の改善につながり
ません。

掲示板で正確にお伝えすることは難しいですが、
1.子どもとの関係づくり
    散歩など、好きなことを一緒に行う
    これは、子どもが楽しみにしてくれることが大切だと思います。
2.改善したいことは、強い対決になりそうなことはさけで、教えや
 すいことから、ゆっくりと、ひとつづつ取り組む。
    不適切なやり方をダメで止めることは対決的となります。
    本人が嫌いではないことから取り組みました。

本は参考になりますが、本だけで学ぶことは難しい面があります。
自閉症といっても、一人ひとり違いますので、本のとおりや、他の人の
とおりではうまくいかないことが少なくありません。

なお、世の中にはいろいろなやり方がひろがっていますので、むやみに
取り組むと、子どもも、こちらも混乱する可能性があります。

よい先生のお話を聞き、同じような考え方を勉強している人と交流でき
るとよいのですが、お住いの地域もあり、完璧な条件を整えることは難
しいかもしれませんが、障害の特性を知り、子どもを理解し、考えなが
ら無理をせず、スモールステップで取り組むことが基本だと思います。

あまり、具体的に伝わらなかったかもしれませんが、少しでもお役に立
てば幸いです。

タイトルRe^4: ツバ吐きについて。
記事No3275
投稿日: 2018/01/13(Sat) 21:43
投稿者あんころもち
お返事遅くなり申し訳ありません。

見ず知らずの私にお返事をいただき、
ありがとうございます。

まずは知る事から始めていきたいと思います。
ありがとうございました。

タイトルRe: ツバ吐きについて。
記事No3268
投稿日: 2018/01/10(Wed) 22:40
投稿者
ここで細かい所まで説明する事は出来ませんが
強度行動障害
ABA(応用行動分析学)
TEACCH
を勉強してみると良いと思います。

タイトルRe^2: ツバ吐きについて。
記事No3274
投稿日: 2018/01/13(Sat) 21:38
投稿者あんころもち
> ここで細かい所まで説明する事は出来ませんが
> 強度行動障害
> ABA(応用行動分析学)
> TEACCH
> を勉強してみると良いと思います。

お返事遅くなり申し訳ありません。
見ず知らずの私に、
ご丁寧にお返事をいただきありがとうございます。
強度行動障害はずっと気になっていたので、
これを機に勉強したいとおもいます。

ありがとうございました。

タイトルRe: ツバ吐きについて。
記事No3276
投稿日: 2018/01/13(Sat) 21:47
投稿者匿男
僕は、お薬も選択肢の一つと考えます。
症状を緩和させつつ、様子をうかがって働きかければ、有効ではないでしょうか。

タイトルRe^2: ツバ吐きについて。
記事No3278
投稿日: 2018/01/14(Sun) 12:49
投稿者あんころもち
> 僕は、お薬も選択肢の一つと考えます。
> 症状を緩和させつつ、様子をうかがって働きかければ、有効ではないでしょうか。

お返事いただきありがとうございます。
私も薬で治るとは思っておらず、
上手に使って状態を落ち着かせつつ、
指示が入りやすいようにするのも一つの方法かなと思っています。

ご丁寧にありがとうございました。

タイトルRe:ウチはツバ塗りです
記事No3283
投稿日: 2018/01/15(Mon) 18:15
投稿者きょうこ   <chamomile4869@yahoo.co.jp>
18歳の重度知的障害、自閉症の娘がいます。

小学校後半頃からツバを塗り、マーキングのような行動が始まり、18歳の現在も改善しておりません。
注意するとやめますが、自分に目がいってないとわかるとしてしまいます。
ツバ塗りをするのは、自分のお気に入りの場所に行けるリュック、お気に入りの場所、お気に入りのクッションなどです。

ツバを吐く行為も昔はありました。
そのツバを足や手で広げてしみ込んだじゅうたんや、床の変化を楽しんでいるように見えました。ツバで遊んでいるんですね。

今は変化して塗ることに一生懸命になってます。

参考にならないかもしれませんが、いつかは変化(なくなる)するかもしれませんよ、と希望的観測で書かせていただきました。

タイトルRe^2:ウチはツバ塗りです
記事No3284
投稿日: 2018/01/16(Tue) 19:22
投稿者あんころもち
>
> 小学校後半頃からツバを塗り、マーキングのような行動が始まり、18歳の現在も改善しておりません。

かれこれ7年近く続いているという事ですよね?
きょうこさんはその様子を見る事に、
もう慣れてしまったのでしょうか?
それとも仕方ないといった心境でしょうか?

今後人の手を借りて生きていかなくてはならないので、
少しでも問題行動のようなものは改善できたらと考えていたのですが、
逆に本人の為になっていないのでしょうか。

知的障害を伴う自閉症の子育て、
もちろん本人もだと思うのですが、
大変です…。

タイトルRe^3:ウチはツバ塗りです
記事No3287
投稿日: 2018/01/17(Wed) 14:55
投稿者きょうこ   <chamomile4869@yahoo.co.jp>
こんにちは。

> きょうこさんはその様子を見る事に、
> もう慣れてしまったのでしょうか?
> それとも仕方ないといった心境でしょうか?

決して仕方ないとは思っていませんよ。
外でツバ塗りをしたら他人に迷惑をかけますから全力で止めます。
部屋の中では全力とまではいきませんが声掛けをして注意しています。
(その時は止めます)


> 今後人の手を借りて生きていかなくてはならないので、少しでも問題行動のようなものは改善できたらと考えていたのですが、逆に本人の為になっていないのでしょうか。

問題行動はなくせたらそれが一番いいのですが、一つおさまっても、次の問題行動が出てきますよ。かれこれ十何年もいたちごっこです。
あまり抑え込むと思春期に爆発するという例もいくつも見てきてます。私は問題行動はなくそうと努力しつつ、本人の負担にならないよう心掛けています。バランスが大事ですネ。難しいのですが(苦笑)

タイトルRe^4:ウチはツバ塗りです
記事No3288
投稿日: 2018/01/17(Wed) 20:37
投稿者あんころもち
>
> 問題行動はなくせたらそれが一番いいのですが、一つおさまっても、次の問題行動が出てきますよ。かれこれ十何年もいたちごっこです。
> あまり抑え込むと思春期に爆発するという例もいくつも見てきてます。私は問題行動はなくそうと努力しつつ、本人の負担にならないよう心掛けています。バランスが大事ですネ。難しいのですが(苦笑)

バランス、本当にそう思います。
いたちごっこも痛いほどよくわかります。
楽をしようと思ってはいけないですね。
頑張ります。

ありがとうございました。

タイトルRe^4:ウチはツバ塗りです
記事No3289
投稿日: 2018/01/18(Thu) 08:48
投稿者SS
自閉症の子どもも、自分を制御できず、自分の行動で困っています。
東田直樹君が、『自閉症の僕が跳びはねる理由』という本で、「僕たちの行動に共感してくれながら、僕たちを止めて欲しいのです。」(p.52)と書いています。

> 決して仕方ないとは思っていませんよ。
> 外でツバ塗りをしたら他人に迷惑をかけますから全力で止めます。
> 部屋の中では全力とまではいきませんが声掛けをして注意しています。
> (その時は止めます)

やめたときに、『えらいね!がんばったね!」とほめてあげて下さい。
自閉症の子どもは、叱られるとやらずにおれなくなる傾向があります。
ですから、叱るよりは無視する方がベターです。
しかし、無視するだけではなかなか治まりません。
やってしまった時は無視します。
しかし、止められた時は、やめたことをほめてあげて下さい。

私は「がまん」と声をかけて止めます。
そして、がまんできたら、一杯ほめます。
がんばってがまんしたのですから、一杯ほめるに値します。

ツバを吐いたときには、無視するのではなく、拭かせるという方法もあります。
ただしこれも、罰として拭かせるというのではなく、こぼしたお茶を拭くといった感じです。
そして、ちゃんと拭いたことをほめます。

東田君が、ブログで、笑顔で救われますと書いていました。
笑顔を忘れずに!

タイトルRe^5:ウチはツバ塗りです
記事No3292
投稿日: 2018/01/20(Sat) 12:42
投稿者あんころもち
正しい行動をした時は笑顔でたくさん褒め、
反対のことをした場合は無視をするを徹底してはいるのですが、
褒めると怒るんです。
褒めることすら反応となってしまっているので、
なかなか定着しないのも原因の一つと思っています。


がまん

の言葉かけはしたことがないので、
がまんしなければなからない場面で、
声かけをしていこうと思います。

ありがとうございました。

タイトルRe^6:ウチはツバ塗りです
記事No3294
投稿日: 2018/01/22(Mon) 05:23
投稿者SS
説明が不十分でした。
申し訳ありません。

ツバ吐きをする自閉症の子どもが、それを我慢するのはすごく大変なことです。
たとえば、下痢を我慢するようなものです。

電車の中で、下痢をしそうな我が子に、どのような声をかけますか。
「がまん!がんばれ!」ではないでしょうか。
がまん!だけでなく、がんばれ!と応援する気持ちも含まれていると思います。
そして、駅のトイレまで我慢できたら、
「がんばったね!えらかったね!」とすごく一杯褒めると思います。

頑張ってやったことや、頑張って我慢したことを褒めます。
頑張らなかったことは、褒める必要はないと思います。
ですから、褒めるためには、手伝ってでも我慢させる必要があります。
その手伝いにあたるのが、「がまん」という声かけになります。
声かけだけでだめなら、もっとほかにも手伝う必要があります。
どのような手伝いなら効果的か、息子さんのことを知らないので、私には解りません。
たとえば、手を握る、口を押さえる、背中をさする、背中をトントンする、目を見る、・・・
お母さんが工夫してください。
子ども一人では難しいので、お母さんが手伝って、二人で克服していくことになります。

東田君の本をぜひ読んでください。
自閉症の子どものことが解りやすく書いてあります。
がんばってください!

タイトルRe: ツバ吐きについて。
記事No3285
投稿日: 2018/01/17(Wed) 09:04
投稿者カンパーニュ
篁 一誠さんの
・自閉症の人の人間力を育てる
・自閉症の人の自立への力を育てる―幼児期から成人期へ
という本が私の中ではよかったです。

うちの場合は一つの行動(私がやめてくれよ〜と思う行動)が終結かと思うと次の行動へと更に次へといろいろありますよ。
そうそうこういうことあるあるっておもっている保護者の方が多いと思います。
近くにお話しできる仲間がいるといいですね。

タイトルRe^2: ツバ吐きについて。
記事No3286
投稿日: 2018/01/17(Wed) 13:08
投稿者あんころもち
> 篁 一誠さんの
> ・自閉症の人の人間力を育てる
> ・自閉症の人の自立への力を育てる―幼児期から成人期へ
> という本が私の中ではよかったです。

オススメの本を教えていただき、
ありがとうございます。
早速読んで見たいと思います。

> うちの場合は一つの行動(私がやめてくれよ〜と思う行動)が終結かと思うと次の行動へと更に次へといろいろありますよ。

とてもよくわかります。
ツバの件で言えば、
ツバを吐く代わりに声出しがなくなってきたように思います。
モグラ叩き状態ですよね。

あるあるなんでしょうかね?
私の身近にいるお子さんたちは、
それなりに問題を抱えていながらも、
きちんと親御さんのいうことをきいているように見えます。

メッセージありがとうございました。