<目次へ戻る>
自閉症への理解を
 自閉症の人には、知的障害のある人もない人もいます。以下のような自閉症の特徴から、災害時には、特に適切な支援を必要とします。
■ 危険が分からない ―想像力が弱い

■ いつもと違う状況で不安になる
―こだわりと興味の狭さ・変化に対する不安や抵抗


■ 困っていることが伝えられない
―コミュニケーションの困難さ


■ 痛みに平気だったりするので、ケガに注意
―感覚の過敏・感覚の鈍さ



こんなことに気をつけて

■ 避難所生活になじめない
―対人関係の困難さ


一見、障害があるようには見えなくても災害時には支援が必要な人たちがいます

― 知的障害がないといわれている高機能自閉症、アスペルガー症候群の人たちも自閉症の特徴をもっています。言葉が分かっているように見えてもコミュニケーションや対人関係、生活上の困難さがあります。災害時には適切な支援をお願いします。

自閉症の人には、毎日が災害のようなものです

 例えば通学途中で電車が止まったり、雑踏で家族とはぐれたりすることも自閉症の人にとっては災害なのです。
 災害時、一番被害にあい、取り残されるのは自閉症の人たちです。そのためには、日頃からの適切な支援と安全ネットワークが必要です。

<目次へ戻る> <次へ進む>