<目次へ戻る>
チェックシートを活用しましょう
―自閉症の特徴に配慮した対応を
行政関係(警察、消防、児童相談所、福祉事務所など)、福祉関係者、企業、学校、福祉施設もチェックシートをぜひ作成してみてください。
災害に備えて
□ 要援護者名簿の作成をしていますか
□ 避難経路の案内は周知されていますか
□ 避難所も周知していますか
□ 福祉避難所を設定していますか
□ 災害備品は十分準備していますか
□ 自閉症の理解・支援の研修の実施をしていますか
 ―警察、消防、自衛隊、電車・バス乗務員、民生委員などに対して
□ 自閉症支援の専門家はいますか
□ 自閉症の人にも分かる防災教育をしていますか
□ 障害者も一緒に防災訓練をしていますか
 ◇ 「地震体験車」体験は?
 ◇ 災害に備えての宿泊体験は?
□ タウンウオッチングをしたり、防災マップを作成していますか
□ 事前に家庭と打ち合わせをし、本人に確認していますか
 ◇ 連絡手段や集合場所は?
 ◇ 安否確認の方法は?
 ◇ 通勤、通学途中で被災した場合の行動は?
 ◇ 帰宅地図を家族と共に作成、本人に常時持たせていますか
 ◇ 災害直後、本人を帰宅させないか、あるいは家族や支援者に確認した上で帰宅させるタイミングをはかることになっていますか
 ◇ 災害時には本人には必ず声かけをし、本人に説明・確認することになっていますか
 ◇ 会社などにはペットボトル(飲料水)、チョコレートやキャラメルなどを常備していますか
□ 万一のときに親に代わる人を設定し、確認してありますか
  (成年後見制度の活用など)

災害発生!─その時何をするか
あの人は無事かな
□ 要援護者名簿と照らしあわせましたか
□ 家の中にひとりで取り残されている人はいませんか
ひとりでいる自閉症の人は大丈夫だろうか
□ 電車やバスに残されていませんか
□ 健康状態の確認は?
□ 連絡先の確認は?
□ 家や学校、所属先に安否を連絡
ケガなど被害の状況を確かめよう
□ ケガをしていませんか
□ ガラスでの切り傷や、打撲はありませんか
□ 「おくすり手帳」を確認しましたか
どこに誘導したらいいでしょう?
□ 先ずは最寄りの避難所へ
□ 専門スタッフ(腕章などの目印)に相談
□ 福祉避難所が分かれば、そこへ誘導
避難先で支援すること
□ 被災障害者相談センターの設置
□ 自閉症支援専門スタッフの配置
□ 避難状況の確認(在宅や車中泊など)
□ 食事や毛布などの配給リストに漏れはありませんか
□ 車中泊エコノミー症候群など、健康上の注意
□ トイレは?(洋式、簡易式トイレ、洋式便座の用意)
□ パーティション(間仕切り)の用意
□ 入浴の付き添い
□ 個別の対応をしていますか
□ 本人、親へのメンタル面での支援、心のケアは

● 避難先で困ったときには ⇒ こちらをご参照ください


<目次へ戻る>