<目次へ戻る>

理解から支援へ

 地震など、災害の多い我が国は、そのたびに高齢者や障害児者や乳幼児など保護が必要な人たちや、その家族・支援者(施設職員など)を含めて被災状況は深刻です。なかでも、自閉症の人は、とっさに人と気持ちを交わすことが難しく、災害時、突発的な状況の急変を読み取れません。
 このように自分の身の処し方が分からない状況におかれるので、その被害は心身ともに非常に大きいと考えられます。
 災害が多発している昨今、日本自閉症協会では早急に対策をたてる必要を痛感し、専門家の協力を得て、防災ハンドブック「支援者向け」、「本人・家族向け」の2冊を出版することになりました。 
 いざというとき、この冊子が災害時の支援に役立つことを願うとともに、日頃の自閉症の人の支援にも力を発揮することを信じています。
社団法人日本自閉症協会
会長 石井哲夫

<目次へ戻る> <次へ進む>